妊活での食事 男性にもおすすめのほっこり妊活レシピ

Pocket

妊活をする上で、大切な食生活。

漢方屋さんで教えて頂いた、妊活にピッタリなレシピをご紹介します。

男性にもおすすめのレシピです。

 

漢方について

不妊や冷え性にタンポポ茶

チョコレート嚢胞 手術後の漢方薬の効果

妊活中に食事と飲み物で気をつけていたこと

 

今までのレシピは、こちらから↓

冷え改善レシピ

お弁当や作り置きにもおすすめレシピ

卵子の質 改善レシピ

体の芯から冷えをとる鍋レシピ

 

里芋のそぼろあんかけ

秋冬のお野菜の代表格「里芋」を使った、ほっこり優しい味わいのレシピです。

材料】(2〜3人分)

・里芋            6〜7個

・豚ひき肉      80g

・しょうが      少量

・砂糖           大さじ1

・醤油           大さじ1

・みりん        大さじ1

・酒              大さじ1

・だし汁        450cc

・ごま油        大さじ1

・塩              適量

・水溶き片栗粉     適量

ねぎ              適量

※ひき肉は、鶏ひき肉でも♪

 

【作り方】

❶里芋を洗って皮をむき、ネギを小口切りにしておく。

❷ボウルに里芋を入れて塩を振り、揉み込んでぬめりを取る。塩は洗い流す。

❸鍋にゴマ油を入れて熱し、生姜をすりおろして香りを出す。

❹ひき肉を炒め、里芋も加えて炒める。

❺だし汁、砂糖、みりん、酒、醤油を❸に入れ、落し蓋をして煮込む。

❻水溶き片栗粉でとろみをつけて、仕上げにネギをかけて出来上がり。

 

※余ったら、ご飯にかけて丼にしても美味しいのでおすすめです。

※生姜は入れなくてもいいですけど、体を温めるので、ぜひ入れて下さい♪

※きのこを入れてもOK

 

可愛い、落としぶたを発見しました!↓↓

電子レンジにも使えるし、ラップがわりとしても使えるみたいです♪

 

妊活ポイント

里芋は、体を温める野菜、根菜類になります。

里芋には亜鉛がたくさん含まれています。

亜鉛は、細胞の生成や味覚の正常化、性機能成熟、食欲促進などに役立つ栄養素といわれています。

 

もし亜鉛が不足してしまうと月経異常や、不妊症、流産といった深刻な事態になってしまいます。

男性にとっても、亜鉛は性機能を維持するのに役立ちます。

山芋は、よく聞いていましたが、里芋も精力剤として効果があるらしいです!

男性に特におすすめだそうです!

 

また、消化機能を助け、身体を丈夫にし、病気に対する抵抗力を高める力もあるそうです。

食欲がない。体がだるい・重い。顔色が黄色っぽく、やせて元気がないなど、中医学でいう脾気虚証の人は、

胃腸が消化吸収のお仕事をしっかりしてくれないので、当然、栄養も吸収できず、声や目に力がなく、元気がありません。

 

里芋を少量ずつ毎日食べていくと、次第に胃腸が丈夫になり元気が出てくるそうです。

そして、ちょっと食べすぎると胃がもたれたり、慢性的な便秘など、胃や腸の不調が気になるときに意識して食べてみるといいです。

 

今回、鶏ミンチでもOKと書きましたが、豚肉の方が子宮内膜の質を高めるビタミンEが豊富です

 

最後に

里芋は、子芋、孫芋とたくさんの芋がつくことから、

子孫繁栄の縁起の良い食材とされています。

 

我が家は、旦那さんも里芋大好きなので、お味噌汁に入れたり、コロッケにしたりと食卓によく登場します♪

二日酔いの時とか、胃腸が弱っているときに里芋のお味噌汁は、オススメです。

 

Pocket

この記事が役に立った方はコチラをクリックお願いします!

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ にほんブログ村

不妊ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です