チョコレート嚢胞の手術時間や費用・入院期間、入院に必要な物は?

Pocket

7cmほどまでに大きくなったチョコレート嚢胞。

ずーーっと先延ばしにしていた手術についに挑みます!

また、子宮内膜ポリープもあるのでそれも一緒にとることに。

 

チョコレート嚢胞についてはコチラ↓

まさかの卵巣の病気 チョコレート嚢胞

ポリープについてはコチラ↓

不妊原因のポリープ 子宮鏡検査は痛い!?

 

手術内容と手術時間

子宮内膜ポリープを切除するために、子宮鏡下手術を。

チョコレート嚢胞を切除するために、腹腔鏡手術を。

この2つの手術をしました。

 

手術内容は、まず子宮鏡下手術でポリープをとります。

10mmほどのカメラを子宮内に挿入してモニタ画面を見ながら行う手術です。

ポリープは、電気メスで切除されます。

麻酔ありで、手術時間は1時間以内です。

 

次に、腹腔鏡手術です。

おへそを1cmほど切開して、お腹に2.3カ所小さい穴を開けて、手術器具を挿入して嚢胞の部分のみを摘出する手術です。

周囲が癒着していた場合は癒着剥離も行います。

開腹手術よりも入院日数も短いし、術後の回復が早いそうです。

また、術後の癒着も少ないそうです。

全身麻酔で、手術時間は1時間半以内です。

 

実際に私がかかった手術時間は、1時間半でした。

 

入院期間と手術入院費用

入院期間は、経過がよければ7日間で退院できます。

私は、術後の経過が良かったので7日目で退院しました。入院は、6泊でした。

 

手術入院の費用は、私の病院では、

合計 615,170円でした!!

最初に、費用を聞いたときは焦りましたが、今まで入院や手術に無縁だった私は、

「限度額適用認定証」

というものを知りました。

これを申請して交付を受け、病院に提出すれば費用は、高額療養費の対象です。

つまり、病院窓口での自己負担額が限度額までの金額となります。

 

私が実際に、窓口で払った金額は、19万と少しでした。

この制度があって本当良かった。

9万の費用も、生命保険に入っていたのでそれで余裕で全部まかなえました!

ちなみに、手術の2週間ほど前に呼吸機能や心電図などの術前検査を受けました。

これは、6000円かからないくらいでした。

 

入院に必要な持ち物

寝巻き(前あき)  着替えやすいように。

私は冬に入院だったので2セットのみ持って行きました。

バスタオル   2枚

タオル   2枚

石鹸シャンプー

スプーン

ストロー付きコップ(寝たまま飲めるように)

ティッシュペーパー   

ウェットティッシュ

歯磨きセット

下着(入院日数+1泊分よぶんに)

生理用ショーツ(出血の量が多い場合使う)

生理用ナプキン   1袋(25枚くらい)

室内履き

 

以上が絶対いるものでした。私は心配性なので言われた分より少し多めに持って行ってました。

ストロー付きコップは、こんな感じでベッド横に掛けれるものが便利でした。↓

 

ティッシュペーパーは、何かと使うので箱ごと1箱持って行きました。

ウェットティッシュもあった方が便利。

下着は、ゆるめのブラトップと、ゴムがきつくないショーツを持って行きました。

お腹周りの手術なので、ゴムがキツイと当たって痛いです。

あとは、洗濯物入れたりとかでビニール袋と折りたたみエコバッグを持って行きました。

 

あると便利だったのが、

「S字フック」です。 

ベット横などにかけて、ポシェットやビニール袋とか、身の回りの物をすぐに取れるように下げていました。

 

そして、暇つぶしにDVDポータブルプレイヤーイヤホン筆記用具なども。

また、院内をウロウロしたり、お散歩する時にお金とか携帯を入れる小さいポシェットを持って行ったら便利でした!

冬だったので上から羽織るカーディガンも1枚持って行きました。

室内履きは、スリッパは脱げやすくてあまり良くないとの事で、スリッポンタイプのスニーカーを。

紐は危ないし、スリッポンだと脱ぎ履きが楽です♪

もう捨てる靴だったのでそのまま病院で捨ててきました。

 

最後に

今回は、手術の費用や時間、入院期間、入院に必要なものを書きましたが、

次回は、実際の手術当日の流れから、経過、退院までを書きたいと思います。

また、気になる痛みなども色々詳しく書いていこうと思います。

 

Pocket

この記事が役に立った方はコチラをクリックお願いします!

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ にほんブログ村

不妊ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です