体外受精 入院期間やIVFにかかる費用は?

Pocket

体外受精での説明会に夫婦で行き、治療法などを詳しく聞きました。

今回は、入院期間費用などについて書いていきます。

 

体外受精の治療法採卵の流れなどについてはコチラからどうぞ↓

ショート法やロング法などのメリットや採卵数・副作用は?

採卵の流れ 入院や麻酔はある?

ついにIVF 不妊治療の説明会に夫婦で病院へ

 

受精の確率胚移植妊娠の確率についてはコチラ↓

受精する確率は?培養と胚移植はいつ?

胚移植の妊娠確率・2個移植したら?

 

IVF の入院期間は?

病院によっては違うと思いますが、私の通院している病院は、採卵の際は必ず入院します。

採卵の時に日帰りの病院もあるみたいです。

 

普通の手術入院と違うのは、入院する日・採卵日がなんと2日前にしか決まりません

生理の開始時期や卵胞の発育状況によって前後するからです。

採卵のタイミングコントロールする「アゴニスト」「アンタゴニスト」の薬剤を使うことで数日程度の調整は可能だそうです。

 

アゴニスト、アンタゴニストについてはコチラをどうぞ↓

体外受精 ショート法やロング法などのメリットや採卵数

 

ただ、うちの病院では、基本的には希望の日を指定することは難しいらしく、医師に言われた日程でと看護師さんに説明されました。

 

入院期間は、2〜6日間です。

採卵当日は、お腹の中に出血が起こる危険性があるため、病院泊です。

入院2日目以降は、胚移植が決定するまで外出や外泊がOK。

新鮮胚移植をしない人は、経過が問題なければ2日目に退院です。

胚を凍結する人は、退院ですね。

 

胚移植のスケジュールについてはコチラから↓

培養と胚移植のスケジュール

 

体外受精にかかる費用は?

周知の事実のとおり、体外受精・胚移植は健康保険が適応されません。

全額自費です!泣

人工授精もそうですけど、IVFは、かなりの出費です。

参考までに、人工授精にかかった費用を載せてます↓

初めての人工授精 成功率は?

 

※この費用も病院によって大きく違うと思います。 私の通院している病院のことを書いてますので参考程度に。

❶【卵巣刺激中にその都度必要な費用】
総額で、約5〜10万円

・卵巣刺激に必要な薬剤費・手技料など

超音波検査料・再診料

・採卵前の検査(血液検査・心電図・胸部X線撮影)

 

 

❷【退院時に必要な費用】
約 20〜25万円

・点滴、抗菌薬、麻酔薬などの薬剤費

・IVF、胚移植の手技料

黄体ホルモン補充の薬剤費

・器具、培養液などの費用

 

○顕微授精、精子凍結、杯凍結の場合はそれぞれ別途必要。

○卵がとれなかったり、胚移植を行わなかった場合は5〜9万円減額。

○入院2日目以降に外出、外泊した場合も費用は同じ。

 

❸【胚移植後、外来で必要な費用】
約 1万円

黄体ホルモン注射費

・妊娠判定費用、再診料

 

最後に

こうやってみると、本当にお金かかりますね。泣

助成金なしだとトータルで40万近くかかりそうですね

もっと高いクリニックなどもあるので、私の通院している病院は安い方だと思います。

 

それに、入院が2日前にしか決まらないので仕事も休む必要が。

よく不妊治療するために仕事辞めたとか聞きますもんね。

私は、あいにく理解してくれる上司がいて、その上パートなので、お休みをもらおうと思います。

 

次回は、IVFの治療が途中で中止になる場合や、私が実際に提案された治療法について書きたいと思います。

 

Pocket

この記事が役に立った方はコチラをクリックお願いします!

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ にほんブログ村

不妊ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です